<当院の理念>

『患者様の為の医療』の実現へ

 私たちの病院の基本理念は“患者様の為の医療”であり、理念達成のためにはコメディカル、事務職員、看護師、医師の四輪を協調させ、駆動していく必要があります。自分の仕事に対して誇りを高く持ち、思いやりと誠実さに裏打ちされた技術を修得し、そしてさらに挑戦してこそ真のプロフェッショナルな医療人といえます。私たち八王子消化器病院スタッフは、このような医療を目指しています。

<沿  革>

 当院は、昭和58年に医療法人財団聖仁会中山記念胃腸科病院として開設されました。消化器外科の世界的権威であり、当院の開設者でもある中山恒明前理事長は、東京女子医科大学に消化器病センターを開設し、若手医師の臨床研修の為の医療練士制度を創設。その制度の卒業生達は全国各地域の第一線で活躍、当院でも幾多の練士が日夜を分かたず活動し、八王子消化器病院と名称を改めてからも、東京女子医科大学の主要関連病院として成長してまいりました。

<施設認定>

東京女子医科大学関連病院
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器内視鏡学会認定施設
日本消化器病学会認定医施設関連施設